米沢有為会は、2019年に創立130周年を迎える、置賜地方の奨学育英、産業・文化振興と会員親睦を目的とした出身者、在住者による会員制・公益社団法人です。2013年7月より公益社団法人移行が認定され、さらなる当会の公益事業や活動の充実へ向け、新たな会員を募集中です。

HOME | 有為会とは | 事業・業務報告 | 事業・業務報告

 カレンダー
年月日 2018年11月17日(土)
14時~16時
催し 第28回文化大学

演題 AI、IoTが変える社会
講師 五雲寺 卓
    米沢有為会理事
    元㈱富士通テレコム
    ネットワークスエンジ
    ニアリングサービス
    代表取締役社長
場所 東京興譲館
東京都調布市入間町1-36
年月日 2018年11月18日(日)
13時30分~17時
催し 第4回本部理事会
場所 上野・東京文化会館中会議室

 

 

平成29年度事業・業務報告


ご挨拶(第131回定時総会開催に当たって) 
活動ビジョンを共有しながら、さらなる前進を
 
公益社団法人米沢有為会 会長 大滝 則忠
 

 会員の皆様には、本会の活動に際して、日頃から様々ご尽力いただいていることに、深く感謝を申し上げます。皆様のご協力のもと、会長就任の後、理事会で相談を重ねながら活動に取り組み、早くも 1 年が過ぎようとしています。
 本会は明 2019 年には、創立 130 周年の節目を迎えます。この時機に際して、理事会では、「創立 130 周年活動ビジョン」(本会報に後掲)を策定しました。原案段階で皆様からの意見提出をお願いしましたが、今後は、このビジョンを広く共有しながら具体的に活動して成果が生んでいくことが肝要です。引き続き、皆様から率直なご意見ご指導を理事会及び各支部運営の関係者に頂戴できるようお願いいたします。
 その一環として、このたび 5 月 20 日、久し振りで諮問委員会を開催させていただきました。現時点で 33 名の本部諮問委員の方々に開催をご案内、当日は諮問委員 9 名を含め、相談役、会長・副会長はじめ理事・参事の総勢 24 名の出席で、当面する本会の運営課題について意見交換いただきました。欠席の各地の諮問委員及び名誉会員等 12 名から、郵便やメール等で合計 14 通のご意見メモも事前に頂戴することもできました。ご協力ありがたく、これらを今後の運営に役立たせていただきます。なお、事前に理事会が作成送付した「最近の活動状況について(諮問委員会討議資料)」を本会報の末尾に収録しますので、会員の皆様のご高覧をいただきたく存じます。
 以上、定時総会の開催のお知らせに際してご挨拶申し上げ、創立130 周年の節目に本会がさらに前進できるよう、よろしくご協力賜りたくお願いを申し上げます。
 多くの会員の皆様の定時総会ご参集を心からお待ちしております。

Ⅰ.事業報告

貸借対照表
貸借対照表内訳表
正味財産増減計算書
正味財産増減計算書内訳書
付属明細書
財務諸表に対する注記
財産目録
会計監査報告書

 

1 総括:
当年度の恒常的な各事業はおおむね堅調に実行された。
 
 
2 概況:
(1)奨学金の貸与(対象者:大学生・大学院生)

 平成 29 年度の奨学金貸費生の選定は、29 年 3 月に米沢で面接した結果に基づき、3 月26 日の理事会で決定し、年度内に本人への採否通知を行った。新規応募者 2 名、選定 2 名であった。このほか大学院に進学した貸費生 1 名から継続貸費の申請がありこれを承認した。平成 29 年度はこの 3 名を含む 16 名に対して奨学金の貸与を行った。

 なお、平成 30 年度奨学金貸費生選考は、大学生(新入生)3 名及び大学院生 1 名(貸費の継続を希望する者)の応募があり、30 年 3 月に米沢で新入生 3 名の面接を行った結果に基づき、3 月 25 日の理事会でこの 4 名の採用を決定し、同日本人に対する採否通知を行った。平成 30 度はこの 4 名を含む 14 名に対して奨学金の貸与を行う。 
 
 
(2)学生寮(東京興譲館・仙台興譲館)の運営・維持・管理

平成 29 年度の寮生の入寮状況は次のとおり。
 
   ○東京興譲館 卒業生 1 名 新規入寮 8 名 総数 24 名(定員 24 名)
 
   ○仙台興譲舘 卒業生 4 名 新規入寮 4 名 総数 15 名(定員 15 名)
 
 なお、平成 30 年度の新入寮生は、東京興譲館については 3 月に米沢と東京で面接を実施した。卒業生等 8 名、新入寮生 7 名、留学 1 名(退寮)で 4 月現在総数 22 名。やまがた育英会とは今後も連携を強めていきたい。
 仙台興譲館は 2 月に 1 回、米沢で面接を実施した。卒業生 1 名、途中退寮 1 名、新入寮生 1 名で総数 14 名である。なお、両興譲館とも現在も継続して寮生を募集している。
 
 
(3)東京興譲館の改修工事

 東京興譲館の居室の一部で、居住環境の改善のため、個室の板敷修理や押入れに襖やカーテンを設置した。また 2 階ベランダと屋上の手摺の塗装と笠木の修理を実施した。
 
 
(4)仙台興譲館の改修工事

本年度は特になし
 
 
(5)「我妻榮記念館」の運営・維持・管理

 平成 29 年度における入館者は 444 名(28 年度 463 名)であった。市立米沢図書館「ナセBA」の先人顕彰コーナーにおける我妻榮展(10 月 27 日から 12 月 27 日)及び 11 月 12日に我妻学氏(我妻榮氏令孫)の講演会に協力するなど文化振興のため活動した。
 
 
(6)平成 29 年度教育・文化、産業功労者等の表彰
 
   ○ 教育功労賞 特定非営利活動法人 With 優(代表 白石 祥和氏)
 
   ○ 産業功労賞 米沢牛銘柄推進協誤会(会長:中川 勝米沢市長、受賞代理:山形おきたま農業協同組合 山田 順一副組合長)
 
   ○特別顕彰

・富樫 奏絵(南陽市立中川小学校 1 年)さん:
    青少年読書感想文全国コンクール内閣総理大臣賞(最優秀賞)受賞
・高橋 辰壽(高畠町立高畠中学校 3 年)さん:陸上4種競技で全国大会優勝
・土井 匠(川西町立川西中学校 3 年)さん:
    JSBA 全日本スノーボード選手権大会ハーフパイプ優勝
・本間 貴大(川西町立川西中学校 3 年)さん:
    全日本中学生ホッケー選手権大会男子優秀選手の1人に選ばれる

以上、定時総会時に実施した。
 
 
(7)平成 29 年度卒業高校生の「米沢有為会賞」授与 13 校 13 名

  平成 30 年 2 月 各高校卒業式において実施した。
 
 
(8)文化講演会

  総会開催後、教育功労賞 特定非営利活動法人 With 優代表 白石 祥和氏を講師として、演題「地域を支える若者支援~With 優 10 年の歩み~」と題して講演を行い、好評を得た。
 
 
(9)文化大学

  本部と東京支部の共催で次の講演を行った。前年度から直近までの開催分は以下の通りである。

・第 21 回 平成 29 年 4 月 29 日
   演題 鎌倉の緑と景観を守る市民運動
   講師 「鎌倉市民フォーラム」代表 渡辺 光子 氏
・野外文化大学 平成 29 年 6 月 23 日、24 日(総会開催に合わせ)
       NEC 米沢工場見学(23 日)
       市立米沢図書館「ナセ BA」見学(24 日)
・第 22 回 平成 29 年 7 月 8 日
   演題 今に生きる鷹山公
   講師 米沢市長 中川 勝 氏
・第 23 回 平成 29 年 9 月 30 日
   演題 本来の私を生きるとは 教育の希望
   講師 前基督教独立学園校長 安積 力也 氏
・第 24 回 平成 29 年 11 月 12 日
   演題 法律そぞろ歩き
   講師 東京海洋大学名誉教授 佐藤 好明 氏
・第 25 回 平成 30 年 4 月 28 日
   演題 地域と医療の再生 ~上杉鷹山公に学ぶこと~
   講師 日本病院共済会代表取締役 堺 常雄 氏
 
 
(10)活動ビジョンの公表及び創立 130 周年事業の検討
 
  〇創立 130 周年の節目に際し、「創立 130 周年活動ビジョン」を平成 30 年 3 月 20日の理事会で決定して、公表した。
 
  〇平成 31 年度は当会の創立 130 周年にあたるので、記念事業(育英事業、地域振興事業)及び募金活動等の検討に着手した。
 
 
(11)その他事業
 
   ○『公益社団法人米沢有為会々誌』復刊 67 号、平成 29 年 12 月発行
 
   ○ 広報活動~ホームページの更新、有為会だより号外「特集寄宿舎案内」の発行
 
   ○ 会員各種同好会の支援
 
   ○ 山林環境維持活動(大江町 19,877 ㎡)
 
   ○ 米沢工業高校専攻科活動支援
 
 
(12)収益事業
 
  駐車場賃貸事業

Ⅱ.業務報告 

1 総括:
 当会の維持、発展のための業務を遂行するために、理事会、各部会、各委員会等が種々の会合等を持ち、担当役員がそれぞれの担務の遂行に尽力した。
 
 
2 概況:
(1) 公益移行認定に伴う諸整備
 
 公益認定維持のための内閣府に対する報告提出等の手続きを行った。
 

(2) 会員の状況

 平成 29 年度末の正会員は 273 名、個人賛助会員は 679 名、団体賛助会員は 72 団体・法人で計 1,024 会員であった。前年度末の 1,063 会員と比して 39 会員の減である。
 

(3) 役員人事
 
 平成 29 年 6 月 24 日の総会において理事及び監事を選出し、同日の理事会において会長及び副会長を互選した。

   〇新任理事:青木 恵子、大滝 則忠、五雲寺 卓、佐藤 憲一、手塚 宮雄

   〇会長及び副会長の互選
    ・会 長(代表理事): 大滝 則忠
    ・副会長(代表理事): 平山 英三
平成 29 年 9 月 17 日の理事会において、役員役割分担を確定した。
 
[付属資料] 主要会務要録
 
平成 29 年度第1回理事会
 平成 29 年 5 月 14 日(日)14:30~16:30
 東京興譲館会議室(調布市)
議題
  1 平成 28 年度事業・業務報告
  2 決算案の承認の件
  3 役員選考委員会報告及び本部理事候補者選出の件
  4 教育・産業功労者特別顕彰者の表彰の件
  5 特別顕彰の内容変更について
  6 平成 29 年度定時総会開催の件
  7 奨学金のあり方と面接日の検討
  8 教育委員の選出について

第 130 回定時総会
 平成 29 年 6 月 24 日(土)14:00~15:30
 伝国の杜大会議室(米沢市)
議題
  1 平成 28 年度事業・業務報告
  2 平成 28 年度決算報告書承認及び監査報告(議決案件)
  3 平成 29 年度事業・業務計画
  4 平成 29 年度損益予算書
  5 理事及び監事任期満期による改選(決議案件)

平成 29 年度第 2 回理事会
 平成 29 年 6 月 24 日(土)15:30~15 :45
 伝国の杜小会議室(米沢市)
議題
  1 会長選出
  2 副会長選出
  3 部長の指名
  4 前会長の名誉会員推挙

平成 29 年度第3回理事会
 平成 29 年 7 月 30 日(日)13:30~17:00
 やまがた育英会駒込学生会館(東京都北区)
議題
  1 平成 29 年度育英事業募集の基本方針
  2 表彰制度の変更について
  3 新体制の公知について
  4 今後の活動の在り方について
  5 創立 130 周年記念事業・行事について
  6 理事等の役割分担について

平成 29 年度第4回理事会
 平成 29 年 9 月 17 日(日)13:30~17:00
 北とぴあ 801 会議室(東京都北区)
議題
  1 役員役割分担について
  2 平成 30 年度育英事業における学生募集要項について
  3 平成 29 年度会誌発行の基本方針について
  4 交通費等の支払細則の策定について
  5 ビジョン及び活動計画の検討について
  6 創立 130 周年記念事業の進め方について
  7 事務局機能の強化について
  8 施設検討の進め方について
  9 ホームページ改訂について
  10 仙台興譲館の現状について

平成 29 年度第 5 回理事会
 平成 29 年 11 月 26 日(日)13:30~17:00
 上野・東京文化会館大会議室(東京都台東区)
議題
  1 創立 130 周年活動ビジョンについて
  2 役員等の改選について
  3 交通費等の支払細則と運用について
  4 東京興譲館改修の前倒し発注について
  5 地域振興部のビジョンと具体化計画
  6 育英事業の課題と今後の在り方
  7 創立 130 周年事業の進め方について
  8 育英事業募集開始について
  9 仙台興譲館と東京興譲館に対する扱いの差異
  10 会誌発行経過報告
  11 ホームページ改訂経過報告
  12 施設検討委員会経過報告

平成 29 年度第 6 回理事会
 平成 30 年 1 月 29 日(日)13:30~17:00
 やまがた育英会 駒込学生会館(東京都北区)
議題
  1 施設検討委員会報告
  2 我妻榮記念館の現状と課題
  3 次年度事業計画及び予算の策定について
  4 活動ビジョンに基づく活動計画の検討進捗報告
  5 当面のスケジュールと創立 130 周年事業の進め方
  6 会誌発行報告
  7 ホームページ改訂経過報告

平成 29 年度第7回理事会
 平成 30 年 3 月 25 日(日)13:30~17:00
 東京興譲館 (調布市)
議題
  1 平成 30 年度奨学生選考について
  2 平成 29 年度高等学校卒業生表彰について
  3 「創立 130 周年活動ビジョン」の決定について
  4 平成 30 度事業計画及び予算について
  5 学生寮生募集の結果について
  6 平成 29 年度寮生募集保護者説明会について
  7 内閣府への事業報告修正について
  8 施設検討委員会報告改訂
  9 会員の動静について
  10 平成 30 年度文化大学の予定について
  11 新しい育英事業の制度設計について
  12 創立 130 周年記念事業の進め方について

 

各支部最新情報