米沢有為会は、2019年に創立130周年を迎える、置賜地方の奨学育英、産業・文化振興と会員親睦を目的とした出身者、在住者による会員制・公益社団法人です。2013年7月より公益社団法人移行が認定され、さらなる当会の公益事業や活動の充実へ向け、新たな会員を募集中です。

HOME | 仙台支部

 カレンダー
年月日 2018年9月29日(土)
14時~16時
催し 第27回文化大学
演題  上杉鷹山公の藩政改革と
      ファイナンス(財政・金融)
講師 加藤国雄
  元野村総合研究所取締役
  元大阪経済大学教授
  米沢有為会理事
場所 東京興譲館
東京都調布市入間町1-36
その他 開催のお知らせ(詳細)
   →こちら

 


置賜地区高校生


小論文コンテスト募集

2018年9月10日(月)必着

 

仙台支部


 

仙台支部だより最新号 → こちら

お知らせ  


【7/18更新】           本会会員2名
         平成30年度支部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞!!

 去る4月17日文部科学省で行われた平成30年度の科学技術分野の文部科学大臣表彰式において、本会会員の今井良宗氏(東北大学大学院理学研究科講師)と那須譲治氏(東京工業大学理学院助教)の2人が若手科学者賞を授与されました。若手科学者賞は、文部科学省の「科学技術分野の文部科学大臣表彰」における四つの賞のうちの一つで、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者に授与され、本年度は99人が受賞しています。
 今井氏は昭和53年米沢市生まれ、米沢興譲館高校卒。専門は低温物性実験・超伝導。「準安定状態における新しい超伝導体の開発に関する研究」により受賞しました。
 那須氏は昭和58年長井市生まれ、長井高校卒。専門は物性理論。「量子スピン液体の熱的性質と磁気ダイナミクスの研究」により受賞しました。
 なお、今井、那須両氏は、ともに東北大学の学部、大学院時代の9年間を仙台興譲館で過ごし、そのうちの4年間は同時に在寮しています。
 

関連サイト(文科省):平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰について
www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/04/1403097.htm
 
表彰式後の記念写真 (左)今井氏、(右)那須氏
写真はクリックすると拡大します 

 

 

各支部最新情報