米沢有為会は、2019年に創立130周年を迎える、置賜地方の奨学育英、産業・文化振興と会員親睦を目的とした出身者、在住者による会員制・公益社団法人です。2013年7月より公益社団法人移行が認定され、さらなる当会の公益事業や活動の充実へ向け、新たな会員を募集中です。

HOME | 育英・文化事業 | 育英事業の概要

 カレンダー
年月日 2018年9月29日(土)
14時~16時
催し 第27回文化大学
演題  上杉鷹山公の藩政改革と
      ファイナンス(財政・金融)
講師 加藤国雄
  元野村総合研究所取締役
  元大阪経済大学教授
  米沢有為会理事
場所 東京興譲館
東京都調布市入間町1-36
その他 開催のお知らせ(詳細)
   →こちら

 


置賜地区高校生


小論文コンテスト募集

2018年9月10日(月)必着

 

米沢有為会の育英事業の概要
~学生寄宿舎運営と奨学金貸費制度~


 米沢有為会は、置賜地方在住者・出身者の子弟に対して、次の育英事業を行っています。制度の趣旨などをご理解いただき、多くのかたの利用を期待しております。 

 
①学生寮興譲館の運営
米沢有為会は、学生向け寮を東京(東京興譲館)と仙台(仙台興譲館)で運営しています。 1909年(明治42年)より運営開始し、これまでおよそ2,100名の寮生を輩出してきました。
興譲館寮の紹介と募集要項→ こちら
・興譲館寮の歴史 こちら
 
②奨学金貸与制度
奨学金貸与制度は、1911年(明治44年)より開始し、戦後1953年(昭和28年)より再開され、 戦後期の貸与生は合計数延べ279名(うち女子42名)にのぼります(2017年まで)。
奨学金貸与制度の内容と募集要領→ こちら
 
置賜地方の多くの高校卒業生を中心に、これまで利用されています。
 置賜地区など高等学校卒業生の学生寮・奨学金貸与制度利用者数推移→ こちら

 

各支部最新情報