米沢有為会は、2019年に創立130周年を迎える、置賜地方の奨学育英、産業・文化振興と会員親睦を目的とした出身者、在住者による会員制・公益社団法人です。2013年7月より公益社団法人移行が認定され、さらなる当会の公益事業や活動の充実へ向け、新たな会員を募集中です。

HOME | 有為会とは | 事業・業務報告 | 事業・業務報告

 カレンダー
年月日  
催し  
場所  
ポスターをクリックすると拡大します
 
 

令和元年度事業・業務報告


ご挨拶 第7(通133)回定時総会の開催に当たって
米沢有為会の初心
 
公益社団法人米沢有為会 会長 大滝 則忠
 

 
 世界的な新型コロナウイルス蔓延の深刻な状況下にあっても、季節が移り、自然の草木の緑の濃さが増して、米沢有為会定時総会の時期を迎えております。
 
 先ずもって、昨年からのこの1年、創立130周年の大きな節目に際し、会員の皆様から賜りました物心両面にわたるご理解ご支援に対して心からの感謝の念を申し上げます。そして、この困難の時代にあるからこそ、育英団体としての初心に立ち返って、必要な歩みを続けることが重要であると、肝に銘じております。
 
 昨年度は、創立130周年の節目に際しての活動ビジョンに基づき、会員の皆様のご協力のお陰で、様々な記念事業を計画通りに実施することができました。誠にありがとうございます。そして、この大きな節目を越えることができたことで、改めて米沢有為会の初心について再確認し、必要な施策に取り組む時期にあることを気づかされております。
 
 そこに、まったく予期しなかった世界的な病禍が、突然に襲来しました。社会活動の全般に及ぼす影響は、ますます深刻度を増し、その状況がしばらく続くことが予想されています。未来を担う置賜若人の夢を育英活動で支援する対象である学生層が現に置かれている不確実な状況に思いを致し、この困難な社会状況にあるからこそ、この時期に、長年にわたり学生寮の経営と奨学金制度の運用を二大事業とする米沢有為会の活動の今後のあり方について再確認し、足の踏み場を固めて、着実に進むことが必要になっています。
 
 これからの1年、引き続いて様々な活動に取り組む中で、特に、今年度から開始した新奨学金制度の運用の定着と、引き続く学生寮基本問題検討を通じて、米沢有為会の初心を再確認しながら、今後を構築して実施着手することが主要課題になると考えています。
 
 今年の年次総会は、以上のような状況下で開催する運びとなりました。
 
 本来であれば、一堂にできるだけ多数の会員の皆様のご参集を賜り、意見交換をお願いすると同時に、米沢有為会の長年の良き伝統である会員相互の闊達な交流を通じた切磋琢磨の機会を持たせていただくところですが、今回に限ってはご案内の通り、感染防止のため、会員の皆様には、直接のご来場はなく、書面による議決権行使の方式での総会参加をお願い申し上げる次第です。そのような事情にも鑑み、一昨年依頼、本『会報』上に掲載してご高覧いただいている「最近の活動状況」ご報告を、従来よりも詳細に記述させていただきました。長文で恐縮ながら、ご一読のうえ、お気づきの点をお寄せいただくことができれば幸甚です。
 
 末筆ながら、病禍の不安がなお続く世情の日々、会員の皆様とご家族皆々様の一層のご健勝を心からお祈り申し上げます。併せて、ますます盛んなる情報通信環境を活用した交流に加えて、拝眉のうえで対話させていただく日が近いことを待ち望んでおります。

Ⅰ.事業報告 

貸借対照表
貸借対照表内訳表
正味財産増減計算書
正味財産増減計算書内訳書
付属明細書
財務諸表に対する注記
財産目録
会計監査報告書

 

1 総括:
当年度の恒常的な各事業はおおむね堅調に実行された。
 
 
2 概況:
 
(1)奨学金の貸与(対象者:大学生・大学院生)

 令和年度の奨学金貸費生の選定は、平成31年3月に米沢での面接結果に基づき、3月24日の理事会で決定し、年度内に本人への採否通知を行った。大学生(新入生)2名の応募があり、全員を採用した。令和元年度はこの2名を含む11名に対して奨学金の貸与を行った。

 なお、令和2年度奨学金貸費生選考は、新制度に移行して初めての選考となり、令和元年11月に米沢での面接結果に基づき、11月16日の理事会で内定し、その後の大学合否の結果を受け決定した。奨学金種類別及び全体の定員、応募者、内定者、決定数は以下の通りである。

 
  種類 定員 応募者 内定者 決定
Ⅰ型 女子向け住居費補助奨学金 2名 1名 1名 1名
Ⅱ型 地元若者定着奨学金 2名 2名 2名 2名
Ⅲ型 一般貸与奨学金 2名 1名 1名 1名
  6名 4名 4名 4名


(2)学生寮(東京興譲館 仙台興譲館)の運営・維持・管理
 令和元年度の寮生の入寮状況は次のとおり。募集活動にもかかわらず、両寮とも新規入寮者はゼロであった。

   ○東京興譲館 卒業生4名 新規入寮0名 総数18名(定員24名)
   ○仙台興譲舘 卒業生3名、新規入寮0名、総数11名(定員15名)

 なお、令和2年度の東京興譲館は、新入寮生10名で4月現在総数23名。仙台興譲館は、新入寮生2名で総数10名である。

 以上のように、新入寮生は昨年度は両寮ともゼロだったが、新年度は両寮で12名と復調した。会員の皆様のご協力に感謝申し上げます。
 

(3)東京興譲館の改修工事

 玄関に防犯カメラを設置しました。
 

(4)仙台興譲館の改修工事

 仙台興譲館の猛暑対策としての内窓設置を中心とする改修工事は、基本的暑さが到来する前の6月に終了し、この年、暑さで体調を崩した寮生はいなかった。その他に、屋上の防水工事、厨房始め各所のクリーニング、外回りの砂利敷き、照明のLEDへの交換等、寮生活を快適にする小工事を行っている。
 

(5)「我妻榮記念館」の運営・維持・管理

 令和元年度における入館者は364名(平成30年度488名)であった。また米沢有為会、先人顕彰会、置賜民俗学会、鉄砲屋町町内会等の施設利用状況は486名(平成30年度505名)であった。

 令和元年9月に市内小学5年生(730名)及び教職員850名に対して「郷里を愛した民法学者我妻榮先生」という小冊子(A6版カラー刷り 16ページ)の配布事業をおこなった。これを初年度として以後毎年行う予定である。
 
 令和2年1月23日に第2回の「我妻榮記念館将来計画検討会」を開催した。
 

(6)令和元年度教育・文化、産業功労者等の表彰

  ○産業功労者  内藤文徳氏

  ○特別表彰  スポーツ活動
〈優秀賞〉(個人)
   ▼中島 丈太さん(川西町立川西中学校3年);
    JOCジュニアオリンピックカップ 第48回全日本中学生ホッケー選手権大会 第3位
   ▼鈴木 永遠さん(川西町立川西中学校3年);
    JOCジュニアオリンピックカップ 第48回全日本中学生ホッケー選手権大会 第3位
   ▼小林 一成さん(川西町立川西中学校3年);
    JOCジュニアオリンピックカップ 第48回全日本中学生ホッケー選手権大会 第3位
   ▼亀井 美子さん(長井市立北中学校3年);
    平成30年度全日本中学生バレーボール選抜選手オランダ遠征出場
〈奨励賞〉(個人)
   ▼設樂 奏大さん(米沢市立六郷小学校2年):
    第12回全国小学生アルペンスキー大会小学1~3年生男子の部 第3位
   ▼鈴木 爽元さん(米沢工業高等学校2年):
    2018JOCジュニアオリンピックカップ全日本ジュニアレスリング選手権大会カデットの部 フリースタイル80㎏級 第3位
   ▼高橋 夢華さん(九里学園高等学校1年);
    2018福井しあわせ国体 少年女子B100mH 第2位
   ▼長沼 明音さん(九里学園高等学校3年);
    第71回全国高等学校陸上競技対校選手権大会 女子800m 第3位
〈奨励賞〉(団体)
   ▼川西町立川西中学校 男子ホッケー部:
    第27回東北中学生ホッケー選手権大会優勝

  ○特別表彰 文化活動
〈優秀賞〉(個人)
   ▼五十嵐 優花さん(高畠町立屋代小学校5年):
    第29回ひろすけ童話感想文・感想画全国コンクール 【作文】特別優秀賞(山形県知事賞)
〈奨励賞〉(団体)
   ▼長井市立長井南中学校 吹奏楽部 【管楽合奏】2018第24回日本管楽合奏コンテスト全国大会中学校A部門 最優秀賞
 

  以上、定時総会時に実施した。
 

(7)令和元年度卒業高校生の「有為会賞」を13校13名へ授与

令和2年2月各高校卒業式において実施した。
 

(8)高校生小論文コンテストの実施

 前年度に引き続き、置賜地区高校生2年生を対象に『地域と私たちの未来を考える』小論文コンテストを実施した。応募総数82点の中から最優秀賞、優秀賞、入選合わせて10点を選定し表彰した。
 

(9)創立130周年記念事業及び事業の実施について
 ●記念行事の実施
 令和元年6月22日東京第一ホテル米沢にて、創立130周年記念式典を、定時総会の後開催した。その後、記念講演と記念祝賀会(懇親会)を同会場で開催した。記念講演は以下のとおりである。
 ・講師:有限責任監査法人トーマツマネージャー 対木 さおり氏
 ・演題:日本の中長期的課題と置賜地区の将来~郷里が形作る過去、現在、未来
 
 ●記念事業
  〇地域未来を拓く若人フォーラムin置賜
 置賜地区高等学校長会と共催し、地元各団体の後援を受けて、令和2年1月11日、ステージ発表(Ⅰ部:パネルディスカッション、Ⅱ部:探求型学習成果発表)は400名の来場者があり市民会館で開催された。また、 探求型学習成果パネル(ポスター)展示はナセBA市民ギャラリーにおいて同日から1月19日まで展示され、800名近くの生徒や市民に見ていただいた。
 
  〇「有為会130年の歩み」展
 令和元年5月24日から6月26日までの間、ナセBA・市立米沢図書館の先人顕彰コーナーにおいて好評裡に開催されました。
 
  〇東京・仙台興譲館の改修
 仙台興譲館は改修を実施し、東京興譲館は大規模改修の企画検討に入った。
 
  〇令和元年度「会誌」(創立130周年記念号)令和元年12月発行
 
  〇会員増強キャンペーンの実施
 
  〇協賛金募集キャンペーンの実施
 

(10)その他事業

  ○広報活動~ホームページの更新、有為会だより号外
   「育英事業の学生募集、学生寮紹介」の発行

  ○会員各種同好会の支援

  ○山林環境維持活動(大江町19,877㎡)

  ○米沢工業高校専攻科活動支援
 

(11)収益事業

  〇駐車場賃貸事業

Ⅱ.業務報告 

1 総括:
 当会の維持、発展のための業務を遂行するために、理事会、各部会、各委員会等が種々の会合等を持ち、担当役員がそれぞれの担務の遂行に尽力した。
 
 
2 概況:
(1) 公益認定法人としての内閣府に対する報告提出

(2) 会員の状況
 令和元年度末の正会員は 264 名、個人賛助会員は 670 名、団体賛助会員は 74 団体で計 1,008 名であった。前年度末の 1,004 名と比して4名の増である。
 
 
[付属資料] 主要会務要録
 
令和元年度第1回理事会 
 令和元年5月18日(土)13:30~17:00
 東京文化会館・大会議室
案件
  1.定時総会開催の件
  2.平成30年度事業報告及び決算の件
  3.役員候補選考の件
  4.相談役推挙の件
  5.教育功労者・産業功労者・特別顕彰者表彰の件
  6.諮問委員会開催の件
  7.創立130周年記念式典開催の件
  8.令和元年度育英事業の基本方針について
  9.令和元年度奨学生募集要項(案)について
協議
  1.記念式典会「130年の歩み」展について
  2.若人フォーラムについて
  3.130周年記念事業協賛金募集の進捗について
  4.会員増強キャンペーンの進捗について
  5.新入寮生不振への対応について
  6.令和元年会誌(130周年記念号)発行の基本方針について
報告
  1.創立130周年記念各支部行事について
  2.高校生小論文コンテストの案内について
  3.寄附金控除申請受理について
  4.会員の異動について

令和元年度諮問委員会
 令和元年年5月18日(土)17:00~19:00
 東京文化会館・大会議室
議題
  1.当面の運営課題について
  2.創立130周年の取組について
  3.その他

第132回定時総会
 平成30年6月22日(土) 13;30~15:00
 東京第一ホテル米沢
議題
  1 平成30年度事業・業務報告の件
  2 令和元年度決算報告書承認及び監査報告の件
  3 令和元年度事業・業務計画の件
  4 令和元年度収支損益予算書の件
  5 理事・監事選任の件
  6.相談役推挙の件

令和元年度第2回理事会
 令和元年6月22日(土)14:35~14:45
 東京第一ホテル米沢
案件
  1.代表理事・会長選任について
  2.代表理事・副会長選任について
  3.部長嘱託について

令和元年度第3回理事会
 令和元年8月4日(日)13:30~17:00
 東京興譲館
協議
  1. 新任参事について
  2..役員の役割分担について
  3.育英事業の総括について
  4.学生寮基本問題検討委員会の発足について
  5.会誌(創立130周年記念号)の編集について
  6.創立130周年記念行事の総括の進め方について
報告
  1.定時総会の終了について
  2.創立130周年記念「有為会130年の歩み」展の終了について
  3.協賛金募集の進捗状況について
  4.会員募集状況について
  5.仙台興譲館寮の改修工事の進捗状況について
  6,育英事業募集の進捗状況について
  7.置賜地区高校生小論文コンテストの実施状況について
  8.事務局業務引継ぎの進捗について
  9.仙台興譲館寮生の死亡について

令和元年度第4回理事会
 令和元年9月21日(土)13:30~17:00
 やまがた育英会駒込学生会館
案件
  1.令和2年度育英事業寮生募集要項(案)について
協議
  1.創立130周年記念協賛金募集について
  2.役員手当の改定等について
  3.寮生による事務業務補助アルバイトについて
報告
  1.学生寮基本問題検討委員会の進捗報告
  2.高校生小論文コンテストの経過報告
  3.若人フォーラムの実施経過報告
  4.本年度会誌発行の進捗状況
  5.東京興譲館寮への防犯カメラ設置について
  6.仙台興譲館の近況について
  7.会員の異動状況

令和元年度第5回理事会
 令和元年11月16日(土)13:30~17:00
 湯島聖堂・斯文化会館会議室
案件
  1.貸費生採用候補者の決定について
  2.奨学金貸与規則の一部改訂について
  3.参事選任に関わる定款細則規定改訂について
  4.若人フォーラムの開催(最終案)について
協議
  1.創立130周年募金活動の進捗状況について
  2.創立130周年会員増キャンペーンの進捗状況について
  3.令和元年度置賜地区高校生小論文コンテスト(第2回)の終了について
  4.学生寮基本問題検討委員会の活動状況について
  5.会誌(創立130周年記念号)編集の進捗について
  6.文化大学の開催について
  7.仙台興譲館近況
  8.事務局活動報告
  9.会員の異動

令和元年度第6回理事会
 令和2年1月19日(日)13:30~17:00
 やまがた育英会駒込学生会館 
案件
  1.奨学金貸費生・寮生の留年に係る奨学金返還猶予及び在寮延長について
協議
  1.学生寮基本問題検討委員会経過報告について
報告
  1.創立130周年記念事業・若人フォーラムの報告
  2.奨学金の返済状況と管理体制について
  3.創立130周年協賛金の募集状況
  4.会誌発行報告
  5.東京興譲館寮改修工事準備の進捗状況
  6.来年度新寮生選考中間報告
  7.仙台興譲館の現況について
  8.事務局報告
  9.会員の異動状況
 
令和元年度第7回理事会
 令和2年3月26日付 電磁的記録による意思表示方式による決議
案件
  1.令和2年度事業・業務計画
  2.令和2年度予算について
  3.資金調達及び設備投資の見込みについて

 
 
 

 
入会お勧め 入会申し込み
 

各支部最新情報