米沢有為会は、2019年に創立130周年を迎える、置賜地方の奨学育英、産業・文化振興と会員親睦を目的とした出身者、在住者による会員制・公益社団法人です。2013年7月より公益社団法人移行が認定され、さらなる当会の公益事業や活動の充実へ向け、新たな会員を募集中です。

HOME | 育英・文化事業 | 奨学金貸与生の募集案内

 カレンダー
年月日 2018年6月23日(土)
14時~17時
催し 第131回定時総会およ
び付帯催事

定時総会
  14時~15時

功労者・特別顕彰表彰
  15時~16時

文化講演会
  16時~17時

懇親会
  17時30分~(予定)
場所 米沢市 伝国の杜
大会議室
年月日 2018年7月7日(土)
14時~16時
催し 第26回文化大学

演題 
一歩踏み出しますか!

講師
伊藤 育子
美術家
NPO未来クリエート
21理事長
場所 東京興譲館
調布市入間町1-36

 

 

奨学金貸与生の募集案内


 

 奨学金貸与制度は、興譲館寄宿舎と並ぶ、米沢有為会の育英事業の柱です。
置賜地方の多くの高校の卒業生に利用されてきました。
来年度(平成30年度)の募集要項を以下に示します。多くの応募をお待ちしています。
 なお米沢有為会の奨学金制度は、米沢市の奨学金返還支援事業の対象になっています。 大学卒業後山形県内に居住かつ就業する新規応募者および既貸与者が対象です。
 米沢市ホームページに制度の概要が掲載されていますので参考にしてください。 なお米沢有為会奨学金が対象となる募集についての詳細は平成30年2月中にアップされる予定です。
→詳しくは、 米沢市ホームページ

 

公益社団法人米沢有為会
平成30年度 奨学金貸費生募集要項

 

1.応募資格
  置賜地域3市5町の在住者または出身者の子弟で、
  (1)平成30年4月大学入学予定者、在学生または大学院生
  (2) 健康かつ学業優秀で将来性ある者
  (3) 経済的理由により就学が困難である者
 
2.貸費金額及び期間
  (1) 貸費金額  月額4万円(年額48万円)、無利息
  (2) 貸費の期間 大学在学の4年間(医・薬学部は6年間)、大学院在学の期間
  (3) 返済    貸与終了翌年度より年額18万円
 
3.貸費予定者数
  5名程度
 
4.提出書類
  (1) 米沢有為会奨学生申請書(所定用紙
  (2) 作文「私の志について」(400字詰1枚)
  (3) 高校全学年の学業成績証明書(行動記録・健康状況等を含む調査書等)
    及び出身学校長の推薦書
  (4) 写真1枚(最近3か月以内撮影の縦4cm×横3cmのもの、裏面に氏名記入)
  (5) 家計支持者年収証明書(例えば給与所得の源泉徴収票の写し、所得額証明書など)
 
5.大学院進学貸費生に対する貸費の継続
  本人からの申請により理事会で検討のうえ、貸費の継続の可否を決定します。
  この場合、上記4の(1)から(4)までの書類を新たに提出してください。
  なお、(3)の学業成績証明書は、卒業成績証明書は、卒業(予定)大学のものとします。
 
6.応募締切り(書類の提出期限)
  平成30年3月20日(火)必着
  (合格前の応募が可能です)
 
7.書類送付先
  〒992-8501 山形県米沢市金池5-2-25 米沢市役所(秘書広報課)内
         米沢有為会 米沢支部 宛
         TEL.0238-22-5111(内線3000)
 
8.問い合わせ先
  上記もしくは
  〒182-0004 東京都調布市入間町1-36 東京興譲館
         公益社団法人米沢有為会 宛
         TEL.03-3309-3302
 
9.面接選考の実施
  次のとおり、面接を行います。集合時間は個別に電話で連絡します。
  日程 平成30年3月24日(土) 午後 1時
  置賜総合文化センター (米沢市金池3-1-14 TEL.0238-21-6111)
 
10.貸費生採否の通知
  平成30年3月に開催される社団法人米沢有為会理事会・教育委員会合同会議において決定して、応募者にお知らせします。
 
11.その他
  貸費生及び保証人は、公益社団法人米沢有為会の会員として入会していただきます。
  提出書類の返却は行いませんので、あらかじめご承知ください。
 

※公益社団法人米沢有為会ホームページをぜひご覧ください。
http://www.yonezawa-yuuikai.org/

 

 

各支部最新情報